転職コンシェルジュとの面談、希望の提示

転職コンシェルジュのサービスに無料の登録を行ってから1週間ぐらいの流れを記載していきます。

まずはそれぞれの登録ページから自分の個人情報を入力して無料登録します。自分の氏名、年齢、住所、職種、業界、現在の年収、その他、などを入力していきます。

もし平日で昼間だとその後相手から電話が来ることもあります。土日祝日や夜の場合はメールが届くかもしれません。急に電話が来る場合があるのでビックリするかもしれませんね。見知らぬ電話番号から電話があって誰だろう?と思ったら転職サービスからだった、という感じです。(就業中にかかってくると電話に出れないなどの問題もあるので、その点は登録時に書いておきましょう。●曜日の夜何時から電話可能とか、メールにて連絡願います、など)

転職といえば初めての人も2回めの人もかなりドキドキものだと思います。色んな思惑がありますからね。今の会社にバレやしないか、本当にちゃんと自分のことを扱ってくれるのか、就業中に電話が来るんじゃないか、とか思っちゃいますよね。私も経験がありますけど、平静を装おうとしてクールぶったこともありますけど、相手も初めての人に電話するのは緊張するみたいですね。お互い初めまして、なのでいい感じで進めていけるといいですね。

さて、電話・メールでは本人確認と1回めの面談の日取りを決めるようになります。転職コンシェルジュのサービス内容を紹介してもらって、コンシェルジュとの1回めの面談の日程調整を行います。面談とは会社の本社とか周辺カフェとか指定するところでコンシェルジュと話し合いをする事を意味しています。

このサービスの紹介、自己紹介、転職者の希望のヒアリングがメインですね。どんな業界でどんな求人を探しているのか、嫌な会社はどんな条件か、何を重視するか、働きやすさか、給料か、勤務地か、etc...自分の意見がはっきりしてる人はいいんですけど、そうじゃない人もいます。なんとなく転職したいなとは思ってるけど時期は決めてない、まだ決断できてないから市場の調査だけしたい、自分の市場価値がどれぐらいなのかを聞きたい、そういう使い方もOKのようです。

何かと人と会うのは緊張しますけど転職という大きなイベントです。人生を悪くする転職ではなく確実に良い方向に向かう転職なので多少困難が待ち構えてる場合もあるのは事実です。自分の市場価値に見合わない会社に応募しようとしたりして、踏ん切りがつかない人に多い傾向があります。そういう部分もコンシェルジュにヒアリングできるので、まぁ何はともあれ話をしてみないと前に進まないですね。